惑星レラ

山名れんげです。

今さらながら、ちょっと気が向いたのでMinecraftでもマイペースにやろうかと思い立ちました。

タイトルは「惑星レラ」。いつもの私のプレイ風景を淡々とお伝えしていく予定です。

未知の惑星レラに降り立ったのでまあとりあえず探索をしていってみよう、という感じ。あまり設定とか深くは練ってません。

よろしければまったりとお付き合いくださいませ。

動画はこちら。プレイ日記は下にスクロールして読んでね。



スポンサーリンク

始まりの大地に立つ

初期位置

ゲーム開始後一番最初に降り立った場所がここでした。木と水辺と砂浜、平地・・・ごく普通に開拓のしやすそうな場所です。

いきなり海の真ん中の離島とかに出なくて良かったなあ。まあそんなことめったにないとは思いますが。

周辺をぐるりと見渡してから、とりあえず平地の部分に拠点となる家を建てるべく動き始めることにしました。

少し見晴らしをよくするため、周辺の草むしりをします。初ゲットアイテムは種がいくつか。後で農業やる時のために一応とっておきましょう。

その後水辺を渡って対岸の森へ。マツがいっぱいはえているので適当にポコポコ殴って採取し、まずは作業台を作成します。

簡単なものなら作業台なしでも作れますが、少し手の込んだ道具だと作業台がないと作れませんからね。

作業台

マツから作った木の斧で、またひたすらにマツを切ります。素手の時よりも採取効率はよくなりましたが、さっさと石の斧程度にはアップグレードしたいです。

マツの木は上に背が高いので、全部残らず切ろうと思ったら少し地面を底上げしなくちゃなりません。土ブロックも採取します。

しばらく黙々と木を切ってマツを集め対岸の平地に戻りました。改めて作業台を置きなおし、原木を木材に加工して建設予定地へと並べていきましょう。

材木を並べて家の土台はひとまずできたかな、というところで材料がなくなりました。再度マツを切りにいきますが、ここで日没ですよ。

夜になるとモンスターがウヨウヨ出てきてしまうので、慌てて家の予定地に戻り土ブロックを高く積んで夜を明かすことにしました。

暗闇

身を守る家がないというのは心細いものですね。武器になりそうなものといえば、木を切るための斧と石堀り用に作っておいたピッケルのみ。

防具に至っては当然まだ何も作ってませんから、攻撃受ければダイレクトにくらいます。おお怖い。

案の定、ゾンビがたくさん湧いて出ました。しかも水辺が近いので湿ったヤツです。ドラウンドとかいう名前だったかな?

不安になったので、切ってきたマツの原木も少し積んで高さを上げます。これで届くまい、とか思ってたらスケルトンも出たよ!

矢を射ってきたのでさらに上へと逃げました。攻撃が届かなくなるまでなんとか手持ちのブロックで逃げ切れたよ。危ない危ない。

夜明け

長い長い夜が明け、やっとこ太陽が出てきました。とりあえず死なずに1日目を乗り切れてよかったなあ。

下界のモンスターたちが燃え尽きるのを確認して、ブロックから降りました。しかし!水に浸かってるヤツは死なないので殴って倒すよ。

斧はまだ使うので、とりあえずピッケルで遠くからちょっとずつ殴りました。水中だとゾンビも足遅いので、陸地からなら殴り放題だ。

倒したらモンスターハンターの実績解除。自宅周辺の脅威もこれでひとまず一掃できました。さて、今日も急いで建設作業だ!

土を掘り進み石が露出したところでピッケルに持ち替え、掘削開始。かまどや石の道具が欲しいので丸石ブロックを集めます。

地下のほうへと少し掘り進めていくらかブロックをゲット。後でさらに掘り進めて採掘場入り口にしましょうかね。

石器時代

モンスターの襲撃に備えて剣を作り、ピッケルが壊れたので石製のものにアップグレードしました。石の道具は入手も手軽で使い勝手がいいんですよね。

日の高いうちに、切ったマツで家の壁を作ります。家の中にかまども設置し、原木を燃やして木炭を少しゲット。やっとたいまつ作れるよ。

日が暮れて、雨まで降ってきました。壁はまだ中途半端、天井なんて気の利いたものはないので一晩中雨ざらしだけど仕方ないね。

モンスターがなるべく近寄ってこないよう、たいまつを家の中に立てて明かりを確保。できあがっている部分の壁を背に、警戒しつつ夜を明かします。

砂を掘ってきておいたので、夜のうちにかまどで焼いてガラスにし、板ガラス作って窓にする予定の場所へはめ込みました。多少は防御の足しになるかな?

モンスターの気配に怯えつつ剣を構えていたら、空が明るくなってきました。相変わらず雨は降ってるけど。様子を見つつ、3日目の行動開始。

雨ざらし

家を完成させるべくマツを切っていたら、深い穴を見つけました。下の方に石炭が見えたので、後で掘りに行こうっと。

必死でマツ切りまくってせっせと建設した結果、日没前になんとか家が完成。味も素っ気もないありきたりな豆腐ハウスですが、これで夜も安全だ!やったー!

余った材料は木炭にしたりチェストを作ったりして使いました。なんだかんだ手荷物も増えてきたし、あれこれしまっておく場所は欲しいからね。

安全な家の中で夜を明かすことができるようになりましたが、出歩くと危ないので夜はじっとしているよりありません。

ベッドがあれば夜の時間をショートカットして一瞬で次の朝になるんですけどねえ。次はベッドを作ることを目標にしましょう。

安全な家の中

果たして、周辺に都合よく羊がいるかどうか。いたとしても、剣で殺してしまうと継続して羊毛を取ることができません。

どこかで鉄を手に入れて、ハサミで刈り取るのがベストでしょう。となると、また石堀りかな?前に見つけた深い穴も気になります。

夜が明けるのをまって、慎重に穴の底まで探索に出ることにしました。足を滑らせれば、一気に真っ逆さま。ヘタするとそのまま死にます。おお怖い。

少しずつ下へ下へと、階段を作るようにして掘り進みながら降りていきました。途中にあった石炭もしっかりゲット。貴重な資源です。

掘って掘って、降りていくと底の方に鉄鉱石を発見!こんなにあっさり見つかるとは、ラッキー。しっかりといただいておきました。

家に帰ってさっそく精錬。3個取れたので、そのうち2個を使ってハサミを作成できました。後は羊を探すだけですね。

鉄インゴット入手

周辺の平地を探索すると、いました!2、3頭いるようなので後で捕獲して繁殖させることもできそうです。よかったー!

意外と羊っていない時はいないんですよね。この辺りはもうマップの当たりハズレというか、運しだい。食料の安定供給を目指すなら、牛も確保したいところ。

無事にベッドが作れました。これでヒマな夜時間もなくなります。地下掘削したり、道具作ったりする分には夜でも問題ないんですけどね。

日没後、さっそくベッド使ってみました。すぐに朝!うーんやっぱり便利だなあこれ。すっきり目覚めて、今日もまた一仕事です。

探索開始から5日目、まずは木材の調達に森へ。かなり木を切ったのでそこそこ開けたスペースができてきました。何か作るか植林するか、考えておこうっと。

マツ林の中で、スノーベリーを発見。貴重な食料ですよ!今はそれほど空腹度減ってないですが、これ食べてしのぎつつ食料確保に向けてそろそろ動かないとね。

スノーベリー

家のすぐそばにある池を改造して、畑を作ることにしました。初日の夜に沸いたドラウンドが、夜が明けても消えずに残ってちゃぷちゃぷしてた場所です。

水路になる部分を残しつつ、土ブロックで埋めていきます。最初に取っておいた種も少しあるので、まずは小麦の栽培を目指しましょう。

小麦は羊や牛の繁殖にも使えるので、いくらあっても助かります。しばらくは食いつなぐ分だけで精一杯でしょうが、後々増やしていきたいですね。

農地と水路を整えたら、野生動物などに踏み荒らされないようフェンスを作って周辺を囲ってできあがり!生育を促すために、たいまつもつけました。早く大きくなーれ。

といったところで、今回はここまで。惑星レラの探索、次回へ続く!



スポンサーリンク