スクショ1

山名れんげです。

最近、RimWorldというゲームの実況動画を面白おかしく見ています。

以前ニコニコで見て興味を持ち、面白そうだったのでSteamで買ってプレイしていたんですが、ここしばらくほったらかしにしてました。

が、今回実況プレイ動画を見たことでまたやってみたい熱に火がつきつつあります。

わりとマイナーなゲームではあると思うので、布教も兼ねてどんなゲームなのか紹介しますね。



スポンサーリンク

RimWorldはこんなゲーム

リムワールド

RimWorldはジャンルでいうとストラテジーとかシミュレーションゲームに入ります。

価格は日本円で3000円程度。アーリーアクセスという開発途上のゲームで、アップデート等によりゲーム内仕様が変わったりすることがあります。

宇宙船の事故により辺境の惑星に不時着した人々が、サバイバル生活を送りながらコロニーを建設し、最終的には宇宙船を作って惑星から脱出するのが目的です。

グラフィックは最近のキレイなゲームに慣れきっている人からすると、

れんげれんげ

うわなんかショボイ。つまらなさそう

という感じではあるんですが、実際やってみると色々と細かく丁寧に作りこまれているので、引き込まれていきますよ。

脱出ポッドで命からがらたどり着いた乗員たちは、僅かな物資とともに惑星に投げ出されます。

このままでは雨風を防ぐことも、野生動物から身を守ることもできないので住居を建設しなければなりません。

まず最初は持ち込んだ資材を使ったり、周辺の木を現地調達して、家や資材倉庫をつくることから始めることになるでしょう。

スクショ1

まあ別にこの作業からやれ!みたいな強制は一切ないので、家なき子プレイもできないことはないんですが、熱波とか来たらあっという間に死にます。

他にもクマやオオカミにちょっかい出して死んだり、金品を奪おうとやってきた襲撃者に殺されたり、未知の惑星には危険がいっぱい。

とっとと家くらい作って長期滞在に備えないと、次から次へアクシデント発生して全滅の危機が背中に迫ってきちゃうのですよ。

コロニー住人を脅威から守ろう

とにかくこのゲームの登場人物たちは、本当にちょっとしたことでもバタバタ死にます。死んでいきます。

私も木造建築で建てた家で火災が発生し、必死に消火活動をしようとした住民たちが熱中症で倒れてそのまま焼け死んだときは頭真っ白になりました。

無事に脱出できるまで、快適な環境を用意して守ってあげなくちゃいけないんですよ。やれやれ。

スクショ2

拠点を確保しても、やるべきことはまだまだたくさんあります。食料の確保といった重要なものから、資源の採掘、動物の飼育、原住民やその他勢力との交易、襲撃者からの拠点防衛、などなど・・・

さらにイベントも豊富に発生。定期的に熱波や寒波が来たり、襲撃者がきたり、宇宙から貨物ポッドが落ちてきたりとなんだかんだ事件がおこります。

イベントはストーリーテラーと呼ばれる3人のAIによって管理されており、一応難易度も選べるんですが、どの難易度でも死ぬ時は容赦なく死にますので。

住民の能力を駆使しよう

コロニーの住民たちの能力も様々。戦うのが得意な人、植物の栽培が得意な人、手先が器用な人。いろいろいます。

もちろん有利な特徴ばかり持ってるわけじゃありません。人付き合いが苦手だったり、アルコール依存症だったり、悲観主義ですぐ落ち込んだり。

そうした彼らの特性を把握して、適した作業を割り振ることでコロニーを効率的に運営していく必要があります。

スクショ3

ずっとプレイしていると、個性豊かなキャラクターたちにだんだん愛着がわいてくるんですよ。たとえショボイグラフィックでも。

住民たちはそれぞれコミュニケーションをとっており、その結果カップルができたり、結婚したりといったイベントもあります。他にも、誰かの親族が助けを求めて逃げ込んできたり、反対に襲撃者として現れたり。

ドラマチックに楽しめる仕掛けが、細部にまでほどこされています。

人道的にアレなプレイも可能

ドラッグの製造・販売や、捕らえた人間を奴隷として売り飛ばしたり、臓器を抜いたりなんていうアンダーグラウンドな遊びかたもできますよ。

代わりにこっちも襲撃者との戦闘で、わりとあっさり腕やら足やら吹っ飛ばされたりするんですけどね!

腕や足が吹っ飛ばされても義肢があるんで、医療担当の人に手術でくっつけてもらえば大丈夫。たとえ臓器がダメになっても、捕虜から抜いといたスペアの臓器で復活!なんて荒業もできちゃいます。まあその場合捕虜は死んじゃうんですが。

サバイバルには非情さも必要となる時があるのですよ。

スクショ4

RimWorldには四季もあります。春は適度に温かいですが、冬には厳しい寒さがやってくるので、ストーブを設置したり住民たちに防寒着を作って着せたりしなくちゃいけません。寒すぎても低体温症で死にます!

ゲームの最初に落下地点を選べるんですが、熱帯に落ちるかツンドラに落ちるかでも生活環境が随分と変わってきて面白いですよ。

こんな人にオススメ

いろんな要素が盛りだくさんのRimWorldですが、他のゲームだとSIMSとか好きな人には楽しめるんじゃないでしょうか。SIMSよりは確実にグロ要素あるけど。

興味を持った方は、まずどんな雰囲気のゲームなのか知るためにも、実況動画を見てみることをオススメします。

いきなり何だかよくわかんないマイナーゲームにお金出すのもためらわれると思うし。

私の技術力では立派な実況動画なんて作れないけれど、それでもなんとかRimWorldの面白さを伝えたい!と思って、細々とプレイ日記を書き始めました。よろしければこちらもどうぞ。
RimWorldプレイ日記「聖なる夜明け」1回目

不思議な魅力がいっぱいのRimWorldの世界を、楽しんでみてくださいね~。



スポンサーリンク