奴隷売買

山名れんげです。

RimWorldを遊んでいて、「もっとお金が欲しい!」と思ったことはありませんか?私はすごいよくあります。

RimWorldの世界でも、やっぱりお金があると心強いですからねー。トレーダーもいろいろ魅力的な商品を持ってきますし。

というわけで、効率よくお金を貯めるための金策方法について書く事にしました。基本はモノを売れば稼げるんですが、中でも私がオススメする9種類について紹介します。



スポンサーリンク

難易度の低い金策

ゲーム開始してすぐの頃は、とにかく人もモノも技術も不足してます。のでやれることも限られてくるんですが、あまり労力や設備投資を必要としない方法を集めてみました。

革集め

革集め

狩猟でとった動物の革を集めて売るだけのシンプルな方法。狩りさえできれば特に技術もいらず、誰でもいつでも行えるのが利点ですが、簡単なだけあって買取価格は安め。

さらに初期のトレーダーだと革の買取をしてくれない人も多いので、早めに服作りへとステップアップしたほうがいいかも。

薬草集め

薬草集め

その辺の野原にはえてる薬草を摘んできて売るだけです。しかし医薬品は安定した需要があるので、比較的誰にでも売ることができるのが強みなんですよ。

手軽で便利な方法ではありますが、自分で使う分の薬草まで売ってしまうとイザという時に困るのでほどほどに。

選んだスタート地点によっては、そもそもあまり薬草が自生しないということもあります。そういう時は別な方法でお金を貯めるようにしましょう。

服作り

ミシン台

ミシン台を設置すれば、服が作れるようになります。革のまま売るよりは服に加工したほうが多少価値は上がるので、余った革がある時は作り置きしておくといいかも。

一人でふらっとやってきたようなトレーダーにも、服なら売れます。まあそういう人たちはあまりお金持ってないけどね。

工芸スキルの高い人に作ってもらえば、質の良い服ができあがります。熱意がある人にやらせれば、どんどんスキルアップしていきますよ。

制作の際に作業者を指定すれば、他の人は手を出さなくなります。貴重な資源をゴミに変えないよう、なるべく得意な人に任せましょう。

彫刻作り

彫刻台

彫刻台を設置することで製造が可能になります。テックレベルもそれほど必要としない上に、材料もわりと幅広く使えるので初期からでも作りやすいです。

貴重な原材料を使えば価値は上がりますが、もったいないので木材または石材あたりで作るのがいいんじゃないでしょうか。すぐに手に入るしね。

彫刻は芸術スキルが高いほど、価値の高いものを作れるようになります。熱意のある人がいたら、専業でやらせてコロニーの貴重な財源として育てましょう。

幅広い業種のトレーダーが買ってくれるので、日頃から作り置きしておけば一気にお金に換えることもできます。私のオススメナンバー1金策です。

難易度中程度の金策

ここではそこそこ手間がかかるけど、それなりに稼げる中くらいの難易度の金策方法を集めてみました。キャラクターのスキルによっては、初期からでも挑戦できるかも。

ジョイント製造

作業場

ジョイントっていうのは要するにタバコです。葉巻のような、わりと原始的なタバコを作ってるもんだと思われます。テックレベル原住民でも作れるし。

タバコも嗜好品として人気が高いので、わりと安定した収入源になります。適当に作業場を設定するだけで作れるのもいいですね。

ジョイントの調合

ただ、製造にはスモークリーフを必要とします。栽培スキル4以上ないと栽培できないので、該当者がいない場合は他の作物作ってスキルを上げていかなきゃなりません。

逆に最初から栽培スキルの高いキャラクターがいるなら、収入源として力を入れていくのもいいかもしれませんね。

放っておくと自分たちで消費してしまうので、売る分のジョイントは住人が関われない設定にしておきましょう。

ビール製造

醸造台

タバコとくれば次は酒です。お酒も嗜好品として人気が高いので、売ればお金になるんです。コロニー住人のストレスを緩和するのにも、ビールは非常に役立ちます。

ビールの製造には醸造台とビア樽、それに麦汁の原料となるホップが必要です。

ホップを栽培して収穫し、醸造台で麦汁を作ります。そして作った麦汁をビア樽で醸造することによって、ようやくビールが完成するのです。手間かかりますね~。

ビールを飲む

ホップは栽培レベルが3なのでスモークリーフよりも栽培はラクなんですが、この手間があるので金策としての難易度はやや上かも。醸造の際には温度管理も必要ですし。

ただストレス対策としては本当に役立つので、自家用としての利用のみでも、製造はオススメしたいですね。

グレーな金策

ここで紹介するのはちょっと闇の組織っぽいあやしさ漂う金策方法です。あくまでゲームだからね!闇組織プレイをしたい人は、取り入れてみるとそれっぽさが出るんじゃないかな?

ドラッグ売買

ドラッグラボ

依存性のある薬物を売る事で利益を得る金策方法です。ゲーム内でもその手のものにハマッちゃう人ってのはやっぱりいるので、売ればわかりやすくお金になるよ!

ドラッグはドラッグラボを設置してドラッグの製造方法を研究・開発することで製造が可能になります。

フレーク・イエィヨ・ゴージュースとか種類はいくつかあるけど、まあ売るだけならどれ売っても同じか。使った時の効果はそれぞれ違うんだけどね。

ドラッグの原料となるサイコイドの木は栽培レベル6を必要とするので、難易度はそれなりに高いかも。

奴隷売買

奴隷売買

たまーに奴隷商人がやってくることがあるんですが、その時に囚人がいると、囚人を売却することができます。売値は有能な人ほど高くなるよ。

ただし奴隷を売ると心情にマイナスがついてしまいます。マトモな心のある人ならば、胸が痛むのはある意味当然といえます。

どうしても多額のお金が必要な時や、勧誘難易度の高すぎる囚人を持て余してる時は、売ってみるのもひとつの方法ですね。

ちなみに奴隷を買うこともできます。買えばその人はすぐ仲間になるので、欲しいスキルを持ってる人がいれば思い切って買うのもいいかもしれません。

臓器売買

手術中
その名の通り、人間まるごとではなくパーツ単位で売買します。奴隷売買よりも、考えようによっては怖いね。

人間に麻酔をかけて眠らせて、手術を行うことで臓器を取り出すことが可能です。生命維持に必要なパーツを取られた人は、当然ですが死んじゃいます。

心臓も取ろうと思えば取れるんですよ、このゲーム。腎臓や肺など2つある臓器なら、1個だけ取って生かしておくことはできます。体は弱るけどね。

手術メニュー

手術は失敗することもあるので注意。清潔なベッドで医術スキルの高い人が行えば、失敗の確立は低くなります。

あ、ちなみに臓器を抜くとコロニー住人の心情が低下します。やるなら覚悟の上で行ってくださいね。

まとめ

これまで紹介してきた金策方法をざっくりまとめてみると、

・初期貧乏時代は革や薬草を集めて売る。
・多少資源が手に入ってきたら服作りや彫刻作り。
・余裕が出てきたら酒・タバコなどの嗜好品を作る。
・裏稼業や悪人プレイなら奴隷や臓器、ドラッグを売買する。


みたいな感じになってくると思います。比較的ラクにたくさんお金が稼げる方法にしぼって紹介してきましたが、もちろんこれらの物以外の商品を売ってお金に換えることも可能です。

武器商人プレイがしたいならたくさん武器を作って売ればいいし、あやしい薬じゃなく役に立つ医薬品を作って売る事もできます。

遊び方自由自在、それがRimWorldのイイ所ですからね。キャラクターやコロニーの個性にあった特産品を作って売りまくるのも、面白いと思います。

あなたなりの楽しい遊び方を見つけ出すのに、この記事が参考になれば嬉しいです。



スポンサーリンク